安心住宅みらいえ

瑕疵担保履行制度、消費者保護の仕組み求める

2017年4月3日
R.E.port(株式会社不動産流通研究所

国土交通省は、「住宅瑕疵担保履行制度の新たな展開に向けた研究委員会」(座長:成城大学名誉教授・村本 孜氏)のとりまとめを発表した。

同委員会は、住宅瑕疵担保履行法の施行後5年間の状況を検討した「住宅瑕疵担保履行制度のあり方検討委員会」報告書(2015年3月)において、今後取り組むべきこととされた課題への取組状況のフォローアップや、今後の住宅瑕疵担保履行制度の見直しについての検討を継続するため、15年9月に設置されたもの。17年3月までに6回の会合を開催してきた。

今回は、住宅瑕疵担保履行制度の安定的な運用、既存住宅・リフォーム市場の活性化、住宅取得・保有に係る消費者保護の推進に焦点を当て議論を進め、その内容を報告した。

中でも、保険法人の経営環境の急激な悪化等の不測の事態に対しても、確実に消費者の利益を保護する役割を果たせるような「セーフティネット」の創設、巨額の保険金支払いや保険法人の経営環境変化によるリスクへの対応のほか、既存住宅市場拡大における消費者保護施策としてインスペクションと瑕疵保険の利用促進、専門家による相談体制の構築などが重要とした。

「安心住宅みらいえ」は、株式会社既存住宅保証センターが運営しています。

【株式会社安心住宅みらいえ】

所在地 〒252-0318
神奈川県相模原市南区
上鶴間本町4-52-30 岩井ビル3階
TEL 042-767-5442
FAX 042-767-5443
e-mail info@c-miraie.com
 
小田急線「相模大野駅」より徒歩10分
会社概要 取材をご希望の方