安心住宅みらいえ

小田急不動産 選択制で仲介サービス 「戸建て」 自社保証/瑕疵保険 「マンション」 設備保証/クリーニング

2013.05.21 住宅新報 6面

 

小田急不動産(東京都渋谷区)はこのほど、3月末で一旦終了した売却支援のキャンペーンを、内容を拡充したうえでスタートさせた。既存住宅売買瑕疵保険を基にした従来の制度に加えて、自社保証タイプを新設。マンションと土地に関しても種類を増やし、いずれかを選んでもらう形式とした。期間は7月15日まで。

サービスはすべて、専任・専属専任媒介契約を締結した売主が対象。検査に係る費用を同社が負担し、売主に無償で提供する。

戸建ては前回と同様、不具合が引き渡しから5年間、1000万円まで保証される瑕疵保険に加入できるタイプと、不具合を同1年間、上限250万円まで保証する自社保証タイプの2種類を用意した。瑕疵保険タイプで検査の結果適合と認定され、保険加入を希望する場合は、売主か買主が保険料を負担する。

対象部位は、木部の腐蝕と雨漏り、給排水管・電気配線(瑕疵保険タイプのみ)・ガス管(同)の故障。自社保証タイプはシロアリ被害(上限額は250万円のうち50万円)も含む。検査は登録住宅性能評価機関の既存住宅保証センター(東京都新宿区)に委託し、瑕疵保険タイプは保証業務も同社が引き受ける。自社保証のシロアリ被害については、日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合(大阪府高槻市)が検査・保証業務を請け負う。瑕疵保険タイプは築25年まで、自社保証タイプは築20年までが条件。

マンションは、前回キャンペーンで実施した設備機器の検査・保証のほか、水回りクリーニングを追加した。グループ会社の小田急ハウジングを介して、その協力企業に業務を委託する。なお、設備保証のサービス内容は、システムキッチンなど7つの機器を対象として引き渡しから1年間、10万円を上限に修理・交換費を保証するもの。日本リビング保証(東京都渋谷区)が検査・保証を請け負う。築30年までの物件が対象。

また、土地に関しては地盤調査と仮測量・境界確認の2つのメニューをそろえた。

今回の改定について、同社仲介事業部の滝沢和美部長は「顧客目線を念頭に置いた」と説明。例えば水回りクリーニングについて、「築年数がそれほど経っていない場合、設備故障の不安は少ない。それよりも(購入希望者による)内見を想定し、汚れを落としておくことが喜ばれるのではないかと考えた」と話した。戸建ての自社保証を始めた理由は、流通各社による瑕疵保証サービスの内容が多岐にわたる現状を踏まえ、1社で複数のメニューを提案できる体制が望ましいと判断したからだという。

今後もキャンペーンとして展開し、「反響に応じて内容をカスタマイズしていく」(滝沢部長)方針だ。

「安心住宅みらいえ」は、株式会社既存住宅保証センターが運営しています。

【株式会社安心住宅みらいえ】

所在地 〒252-0318
神奈川県相模原市南区
上鶴間本町4-52-30 岩井ビル3階
TEL 042-767-5442
FAX 042-767-5443
e-mail info@c-miraie.com
 
小田急線「相模大野駅」より徒歩10分
会社概要 取材をご希望の方