安心住宅みらいえ

「瑕疵保険」で備えも・日経新聞 夕刊5面(2014.10.7)

日経新聞2014.10.7 夕刊

ここがポイントーーー家計       ファイナンシャルプランナー 藤川 太氏

中古住宅で心配な修繕費

中古の戸建て住宅の購入を検討しています。割安で気に入った物件があるのですが、築年数が30年と古く、購入後に

予定外の修繕費がかからないか心配です。出費を抑える方法があれば教えてください。(埼玉県、男性、33)

 

中古住宅を購入して自分好みにリフォームするのは、安く住宅を取得する手段の一つです。ただ、住宅は築年数が長く

なるほどトラブルが起きやすくなります。購入後の修繕が多いと、割安感は薄まってしまいます。

家の傷み具合は築年数だけで判断できません。新築時の施工やその後の使い方、環境などが影響するためです。内装は

きれいでも、水回りや床下など見えない部分が傷んでいる場合もあります。

購入後のトラブルに備える方法としては「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」に加入する手があります。中古住宅の検査

と保証がセットになった保険です。1~5年の保険期間中に雨漏れや給排水管の水漏れなどが起きたら、補修や調査、

転居・仮住まいの費用を補償します。

住宅専門の保険会社が扱っています。中古住宅の販売業者を通じて加入するか、個人間の売買では検査機関を通じて加入

します。検査機関は住宅瑕疵担保責任保険協会のサイトで調べられます。

保険に加入する際には中古物件の性能や状態を検査機関が調べます。問題がなければ合格となり保険に入れます。購入前

の住宅を検査するには売り主の許可が必要です。

古い物件は合格するために何らかの修繕が必要になることが多いようです。検査機関の指示に応じて直し、再検査を受け

ることもできます。

保険に加入すると築年数にかかわらず住宅ローン控除の対象となるのも魅力です。木造住宅は通常、築20年を超える物件

では控除を受けられません。保険に入るには最初の修繕費のほか検査料と保険料がかかりますが、税の控除分で一定額は

相殺されるとも考えられます。

 

「安心住宅みらいえ」は、株式会社既存住宅保証センターが運営しています。

【株式会社安心住宅みらいえ】

所在地 〒252-0318
神奈川県相模原市南区
上鶴間本町4-52-30 岩井ビル3階
TEL 042-767-5442
FAX 042-767-5443
e-mail info@c-miraie.com
 
小田急線「相模大野駅」より徒歩10分
会社概要 取材をご希望の方