安心住宅みらいえ

みらいえQ&A

よくあるご質問と回答は、こちらでご確認ください。

1 戸建住宅瑕疵検査について

番号 質 問 回 答
1-1 どんな検査をするのですか? 構造や雨水の浸入部分、給排水管などに不具合がないかを検査します。外回り、床や壁の傾斜、雨漏りがないかなどを専用の検査機器などで検査します。詳しくはこちらを確認ください。
1-2 検査時間はどれくらいですか? 建物の状況によっても変わりますが、一般的に1時間半から2時間程度を予定して頂いています。
1-3 中古住宅の検査の注意点は何でしょうか? 基本的に小屋裏点検口、床下点検口があることを確認して下さい。空室の場合は通電、通水がされていることを確認して下さい。 その他の注意点はこちらをご確認ください。
1-4 立会は必要ですか? 原則は申込者様の立会をお願いしていますが、売主様か仲介業者様かどちらかがいらっしゃれば必ずしも必要ありません。
1-5 報告書は何日くらいでどのような形で提出されますか? 3営業日以内に法人様の場合はPDFデータをメールでお送りします。個人お客様の場合はPDFデータをメールか製本したものを郵便で送らさせて頂きます。
1-6 旧耐震ですが実施できますか? ①木造でしたら耐震診断か令46条耐力壁計算を実施すれば可能です。但し耐力壁の位置が記載されている図面が必要になります。
②耐震基準適合証明書があれば対応可能です。
1-7 申込みは、検査希望日の何日前に入れたらいいですか? また、申込み翌日の検査は可能ですか? 5営業日前迄に、FAXかメールでお申込み下さい。検査員に空きがあれば2~3日前の対応でも可能な場合がありますが、前日では難しいです。まずはご相談下さい。
1-8 申込みの際に必要な書類は何ですか? 申込書(こちらからダウンロードできます)と平面図があれば取急ぎ検査は可能です。立面図等その他図面、建築確認日が確認できる書類も提出下さい。詳しくは申込書の下段をご確認下さい。
1-9 増築していますが大丈夫ですか? 検査は実施できます。保証に進む場合は、増築確認申請を取得している場合は問題ないですが、取得していない場合は耐震診断か令46条耐力壁計算を実施する必要があります。
1-10 検査済証をとっていませんが、保証はつけられますか? 戸建の場合は検査済証は必要ありませんので保証はつけられます。
1-11 違反建築ですが保証はつけられますか? 違反の内容によります。平面的な形状や、立面的な形状が当初確認申請と不一致な場合は耐震診断か令46条耐力壁計算を実施する必要があります。配置や採光、防火材料などはチェック項目となっていない為、保証がつけられる可能性があります。図面を用意してご相談下さい。
1-12 ライフライン(電気、水道、ガス)の開栓は必要ですか? 電気、水道の開栓は必須事項になります。閉栓している場合は立会者が開栓して下さい。ガスはヒアリングにより特に問題がないことが確認できれば閉栓していても大丈夫です。
1-13 白蟻被害にあった場合は、保険事故対象になりますか? シロアリ損害担保特約を付帯している場合を除き一般的な瑕疵保険では、対象住宅の虫食いに該当し保証事故対象にはなりません。
その他保証金をお支払い出来ない主な場合は、次にあげる事由により生じた損害となります。
① 売主、リフォーム工事の請負人もしくは下請け人、買主またはこれらの者と雇用契約のある者の故意または重大な過失
②洪水、台風、暴風、暴風雨、せん風、たつ巻、豪雨もしくはこれらに類似の自然変象、または火災、落雷、爆発、航空 機の落下、変乱、暴動、騒じょう、労働争議等の偶然もしくは外来の事由
③土地の沈下、隆起、移動、振動、軟弱化、土砂崩れ、土砂の流出または土地造成工事の瑕疵
④対象住宅の虫食いもしくはねずみ食い、対象住宅の性質による結露または瑕疵によらない対象住宅の自然の消耗、摩滅、さび、かび、むれ、腐敗、変質、変色もしくはその他類似の事由
⑤植物の根等の成長または小動物の害
⑥対象住宅以外の財物の滅失もしくはき損または対象住宅その他の材物の使用の阻害
⑦ 給排水設備、電気設備またはガス設備の隠れた瑕疵により、当該設備の機能が失われたことによって生じた給排水設備、電気設備、ガス設備以外の設備または対象住宅の滅失またはき損*2
⑧ 給排水設備、電気設備またはガス設備の製造者または販売者が被保証者に対して法律上または契約上の責任(保証書または延長保証制度に基づく製造者または販売者の責任を含む)を負担すべき瑕疵*2
⑨対象住宅に採用された工法に伴い対象住宅に生じうる雨水の浸入、すきま、たわみ等その他の事象
⑩対象住宅の著しい不適正使用または著しく不適切な維持管理
⑪検査事業者が不適当であると指摘したのにかかわらず、売主または買主が採用したまたは採用させた設計・施工方法または資材の瑕疵
⑫保証契約の締結後に行われた対象住宅のリフォーム工事(保証責任の履行による修補を含む)またはこれらの工事部分の瑕疵
⑬保証契約の締結後に行われた対象住宅の修補作業上の手ぬかりもしくは技術の拙劣、または正当な理由のない修補の遅延
⑭保証契約の締結時において実用化されていた技術では予防することが不可能な事象またはこれが原因で生じた事由
⑮戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これに類似の事変または暴動
⑯地震もしくは噴火またはこれらによる津波 (以下「地震等」という)が直接的または間接的な原因となって、住宅に火災、損壊、埋没、流失等の被害(以下「被害」という)が生じた場合は、この被害にかかる損害(地震等により認識された瑕疵を含みます。ただし、住宅が滅失または損傷していない場合を除く)
⑰核燃料物質の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
⑱石綿、石綿の代替物質、石綿を含む製品または石綿の代替物質を含む製品の発ガン性その他の有害な特性

2 共同住宅瑕疵検査について

番号 質 問 回 答
2-1 どんな検査をするのですか? 内壁や外壁のひび割れ、雨漏り痕、サッシ廻りシーリング、給排水管などに不具合がないかを検査します。床や壁の傾斜、コンクリート強度などを専用の検査機器などで検査します。詳しくはこちらを確認ください。
2-2 検査時間はどれくらいですか? 建物の状況によっても変わりますが、一般的に1時間から1時間半程度を予定して頂いています。室内は1時間程度です。
2-3 中古マンションの検査の注意点は何でしょうか? 共用部分も確認する為、仲介業者様(又は申込者様)にて理事長の了解及び管理人への周知を予めお取り願います。 その他の注意点はこちらをご確認ください。
2-4 リバウンドハンマーの検査時間はどれくらいでしょうか? リバウンドハンマーを使用して、コンクリート部分の圧縮強度試験を行い設計強度以上であるかを確認します。測定時間は10分程度ですが多少の音が出ます。但し建築確認日が1999年5月1日以降であるときは省略できます。
2-5 屋上には上がるのでしょうか? 陸屋根(最上階)の防水の劣化、水切り等の不具合がないか確認します。但し長期修繕計画に基づき維持修繕が実施されている場合は省略できます。
2-6 立会は必要ですか? 原則は申込者様の立会をお願いしていますが、売主様がいらっしゃれば必ずしも必要ありません。
2-7 旧耐震ですが実施できますか? マンション戸単位(一住戸の検査)タイプでは旧耐震は対象外となり対応できません。
2-8 検査済証をとっていませんが、保証はつけられますか? マンションの場合は検査済証を取得していないと保証は付けられません。

3 保証について

番号 質 問 回 答
3-1 どのタイミングで保証申込をすればいいのでしょうか? みらいえ瑕疵検査に適合した住宅で、お引渡しの10日前までに必要書類をそろえて申込下さい。登録免許税軽減に使用される場合はご相談ください。
3-2 保証申込みしてから証券発行まで、どのくらい期間がかかりますか? 必要書類に不足がない場合は保証書は弊社より、お引渡日から一週間程度で郵送いたします。保険付保証明書は住宅瑕疵担保責任保険法人より、お引渡日から1ヶ月~2ヶ月程度で郵送致します。
3-3 戸建住宅ですが住宅全体を保証してくれるのですか? 保証内容は次の通りです
①構造耐力上主要な部分の耐力性能(構造体の不具合)
②雨水の浸入を防止する部分の防水性能(雨漏り)
③給排水管路の性能
④電気配線、ガス管
但し免責事項があります(自然消耗は対象外等)。
3-4 マンションですが住宅全体を保証してくれるのですか? 保証内容は次の通りです
①構造耐力上主要な部分の耐力性能(構造体の不具合)
②雨水の浸入を防止する部分の防水性能(雨漏り)
③給排水管路の性能
但し免責事項があります(自然消耗は対象外等)。又マンションの場合は持分割合に応じた支払額となります。
3-5 検査で指摘ありの場合はどうすれば良いですか? 修補を実施し再検査を行うことで適合にすることが出来ます。但し修補困難な指摘事項もありますのでご相談下さい。軽微な修補はみらいえでも承っております。その場合の再検査料は割引させて頂いております。

4 フラット35について

番号 質 問 回 答
4-1 フラット35の同時検査のメリットは? フラット35の検査は安心住宅みらいえの検査内容に含まれている為検査を一回で済ますことができ、フラット35が使える住宅かどうかの情報提供ができます。フラット35適合証を希望の場合は別途書類審査が必要となりますが、現場審査が終了している為価格を安価に設定しています。
4-2 旧耐震ですが対応可能ですか? 戸建でもマンションでも鉄骨造以外は対応可能です。但し木造戸建ての場合は耐力壁の位置が記載されている図面が必要になります。まず図面を確認させていただきますのでお送りください(相談無料)。
4-3 違反建築ですが対応できますか? 土地謄本、建物謄本の情報で対応することが出来ます。但し2階建ての建築確認で3階建を建築しているケースなど悪質なものは対応できない場合があります。
4-4 申込から最短何日くらいで適合証明書が発行できますか? 図面や謄本等を準備してあれば、最短1週間程度で対応可能です。ご相談下さい。

5 耐震診断について

番号 質 問 回 答
5-1 検査時間はどれくらいですか? みらいえ中古検査のオプションで実施する場合は2時間から2時間半程度かかります。単独で実施する場合は1時間半から2時間程度になります。単独の場合、成果物は診断書のみになり検査報告書はありません。
5-2 木造旧耐震ですが、注意点は? 地上3階建て以下かつ500㎡未満の建物に限ります。一部ハウスメーカーなどの工業化住宅(プレハブ)で建築した「認定工法」の場合など対応できない場合があります。

6 みらいえ住設サービスについて

番号 質 問 回 答
6-1 みらいえ住設サービスとは? サービスの概要はこちらの提案書をご覧下さい。仲介業者様の住宅設備延長サービスを代行させて頂く仕組みですので個人の方の直接の申込は出来ません。
6-2 本サービスの売主様・買主様のメリットは? 売買成立後の一定期間の住宅設備機器の修理サービスを付帯し売主様の負担を軽減するとともに、買主様にとっても中古設備機器でも修理サービスが付帯される安心感で物件の差別化を図れます。
6-3 本サービスのタイプは? 新築住宅及びリノベーション住宅については2年と5年の2タイプ、中古住宅については6ヶ月、1年、2年の3タイプ 合計5タイプを用意しています。一部新品又は一部中古など混在している場合の取扱いはご相談下さい。
6-4 検査時間と修理サービス対象品目は? 告知制ですので新品及び中古に限らず検査はありません。売買契約時に確認する告知書(付帯設備表等)を動作確認後に提出下さい(告知書記入日から申込までの有効期間は3ヶ月です)。故障や不具合がある場合は、引渡日より前に修繕や交換が行われない限りその設備は対象外となります。
6-5 加入承認までの流れはどのようになりますか? みらいえ住設サービスの専用申込書でお申込みください。内容を確認後、受領書兼審査確認書をメールでお送りいたします。その後加入者証を2部発行し申込者(仲介業者)様に郵送でお送りいたします。1部が加入者(買主)様用です。

7 取次店登録について

番号 質 問 回 答
7-1 取次店登録を行わないと、みらいえの検査は受けられませんか? 必要ありません。どなたでも みらいえ検査 は受けられます。但し仲介業者様に取次店登録をして頂くと以下のメリットがあります。
①既存住宅瑕疵保険(個人間)に申込む場合の検査有効期間が延長されます
通常3ヵ月⇒1年間に延長
※適合していても有効期限が切れると再度検査を実施する必要が生じますが、1年間は報告書が使えるようになります
②検査数により、多戸数割引を適用します
※通常検査料金から年間40件以上△10,000円、25件以上は△5,000円の割引を適用します
③検査料の後払いが可能です
通常は検査をお申込みごとに都度払いで、入金確認後検査を実施します
⇒定時払い(月末締の後払い)を適用します
※スピーディな検査が実施できます(但し仲介業者様負担以外では都度払いとなります)
④検査適合住宅(売買契約締結前の物件)を検査済安心住宅(レインボーマーク付き)としてみらいえのホームページに掲載させて頂きますので、買主候補の方へアピールできます。
⑤貴社情報をみらいえホームページの取次店リストに掲載させて頂き、貴社ホームページをリンクさせて頂きますので、安心と信頼の第三者建物検査を実施している仲介会社としてお客様へアピールできます。

8 その他

番号 質 問 回 答
8-1 「みらいえ」さんてどんな会社なの? 建物の検査保証を行っている会社です。
主な業務内容は以下の通りです
・中古住宅の建物検査(瑕疵保険対応検査・フラット35検査など)
・新築住宅の建物検査(戸建・マンション内覧会同行など)
・着工中品質検査(基礎配査・上棟後・防水・竣工前など)
・耐震診断、耐震基準適合証明書、増改築等工事証明書の発行(ローン減税対応、買取再販に係る不動産取得税の軽減など)
・床下点検(白蟻)検査・住宅設備機器延長修理サービス
・小規模リフォーム工事(建物検査の指摘箇所等の修理サービス)
・エプロンさん家事代行サービス(住まいと生活㈱取扱い)
・その他建築・生活に関することは何でも相談ください
(擁壁検査、鉄筋探査、赤外線雨漏り検査などの非破壊検査)
8-2 「みらいえ」さんの沿革と実績は? 平成23年10月に指定確認検査機関である(株)神奈川建築確認検査機構と(株)確認サービスが共同出資して設立した建物検査・保証の専門の会社です。株式会社既存住宅保証センターとして東京都新宿区に拠点を置いていましたが平成26年5月に新宿より相模大野へ移転し、平成28年2月に株式会社安心住宅みらいえに社名変更しました。一級建築士事務所登録を行いフラット35適合証明書の発行や耐震診断など、住宅にかかわる業務全般を行っています。
平成23年10月~平成28年9月迄の5年間の中古住宅瑕疵検査の実績は累計で1404棟でした。又国土交通省資料によると平成27年度の個人間売買タイプ保険契約件数は1078件との事で、対し弊社120件(シェア11.1%)でした。これは住宅瑕疵担保責任保険協会の資料によると全国1位でした。

 

「安心住宅みらいえ」は、株式会社既存住宅保証センターが運営しています。

【株式会社安心住宅みらいえ】

所在地 〒252-0318
神奈川県相模原市南区
上鶴間本町4-52-30 岩井ビル3階
TEL 042-767-5442
FAX 042-767-5443
e-mail info@c-miraie.com
 
小田急線「相模大野駅」より徒歩10分
会社概要 取材をご希望の方