安心住宅みらいえ

基礎(事故事例集)

ここでは基礎の不具合に関する事例788件を

    • ・基礎の沈下
    • ・基礎のひび割れ・欠損
    • ・基礎コンクリートの著しい劣化等その他の現象

に分類したうち、事例数の多い「基礎の沈下」及び「基礎のひび割れ・欠損」について紹介する。

基礎の沈下

◆約450万円~約880万円を中心に分布

    • ・該当する事例は668件あり、半数は約450万円~約880万円に分布している。
    • ・傾斜の大きさ、沈下が生じた地盤の分布(広さ、支持地盤までの深さ)、
      沈下の進行度が補修費用を左右する要因となる一方、住宅の規模による大きな差はみられない。
    • ・基礎が沈下することにより基礎以外の部位に不具合が発生した場合等は、補修費用が高額になる傾向がみられる。

基礎の沈下とは?

基礎が所定の一より地表面の下部に沈むこと。
基礎の沈下には、基礎の部分により沈下量が異なり、建物が傾いたり不均一に沈下する「不同沈下」と、
一様に沈下することにより、建物は傾かずに沈下する「等沈下」がある。
建築物に不同沈下が生じた場合の沈下傾斜の形状は、下図のように全体的に傾斜する一体傾斜と部分的に傾斜する変形傾斜に大別され、変形傾斜にはV字型(図b)とへの字型(図c)のタイプのジグザグ型がある。
一体傾斜の場合は、「床や柱の傾斜、排水不良、開き戸や引戸が自然に開閉する。」など、
傾斜角の発生に関係する上部構造の使用性や機能性が問題となる。
ひび割れなどその他の沈下障害のほとんどは変形傾斜の場合で、
変形角の発生に伴う基礎及び上部構造のひび割れや変形などの構造耐力上の問題とともに、
傾斜角による使用性や機能性も同時に問題になる。
基礎の沈下とは?
上記の不同沈下に対して等沈下は、一般に上部構造への影響が少ないといわれている。ただし野外配管との接続に問題が生じて排水不良等が生じることもある。

「安心住宅みらいえ」は、株式会社既存住宅保証センターが運営しています。

【株式会社安心住宅みらいえ】

所在地 〒252-0318
神奈川県相模原市南区
上鶴間本町4-52-30 岩井ビル3階
TEL 042-767-5442
FAX 042-767-5443
e-mail info@c-miraie.com
小田急線「相模大野駅」より徒歩10分
会社概要 取材をご希望の方